夏の肌ケア

お肌のケアで、夏場に気をつけたいことは何でしょう。肌を紫外線の影響から守ることが、夏のスキンケアの要です。紫外線対策ケアに力を入れるようにしましょう。紫外線は肌表面の角層の水分を奪い、新しい細胞を作るための土台であるコラーゲンを破壊します。汗対策も夏は大事です。汗をかくことで、肌が必要とする成分が奪われてしまうということがあります。室内は空調が整っているために、空気が乾燥して皮膚の水分が失われていきます。夏の肌はさまざまなことが原因で傷つきやすくなっており、丁寧は肌ケアが必要なのです。ピーリングは、皮膚に残った不要な角質を取り除くためのものです。角質は、夏の乾燥や厚さから肌を守るために厚くなりやすいといいます。導入美容液を化粧水の前に皮膚につけることで、夏のケアをすることが可能です。導入美容液が化粧水の通り道を作ってくれるので、化粧水などの肌ケアがしやすくなります。肌ケアを受け入れてくれる肌作りが完成したら、たっぷりの化粧水で保湿をします。保湿力に定評がある化粧水をつける前に、水分をお肌に補充できるような化粧水を使ってみてください。夏場のスキンケアで大事なことは、いきなり乳液などを使わず、まず肌のコンディションを整えることです。化粧水と乳液の間に美容液を加えるのもおすすめです。ダメージを受けやすい夏こそ丁寧な肌ケアで美しい肌を手に入れましょう。

フォトフェイシャルとは

効果的にお肌のしみ、くすみ、そばかす、にきび痕などをなくすことができるのが、フォトフェイシャルという美容施術です。フォトフェイシャルこのところ話題になっており、利用する人も増加しているといいます。フォトフェイシャルではIPLという医療用の特殊な波長の光を使います。フォトフェイシャル特有のかなりの美肌効果が出力の高い光を利用するので得ることができ、光治療のひとつですが人気があります。肌トラブルの要因となる毛細血管やメラニンに肌にこの光をあてることで熱を集中させ衝撃を与えるといいます。肌トラブルのある場所だけに影響があるため、お肌を傷つけることはありません。肌への負担がそれほどないことが、フォトフェイシャルのポイントだといえます。肌トラブルの改善ができることだけが、フォトフェイシャルの効能ではないのです。肌のハリや潤いを保つコラーゲンをつくる、繊維芽細胞の働きもフォトフェイシャルは活性化します。そのおかげでターンオーバーがお肌のコラーゲンが多くなることで促進され、美肌効果は肌の内側から新しい肌がつくられることで上がるのです。優しい光を使用しているので肌への負担があまりなく、副作用の不安もあまりないこともレーザー治療とは違うメリットです。フォトフェイシャルの施術時間は20分程度と短く、短時間ですぐに効果が実感できます。

フォトフェイシャルの注意点

マイルドなフォトフェイシャルの光は、あまり負担を肌にかけずに美肌に有効なものだといわれています。この効果的なフォトフェイシャルに副作用がゼロであるかというと、けっしてそうとは言えないといいます。フォトフェイシャルは、施術者のスキルが効果を大きく左右します。出力が高すぎたり弱すぎたりすることが照射する光にあると、やけどのようなものが肌にできることがあります。反対にまったく効果を得られないという場合もあるようです。フォトフェイシャルのトラブルを避けるには、肌の状態に合う光の照射の仕方や出力の調整ができる人に施術をしてもらう必要があります。たくさんの医療機関の中からフォトフェイシャルをしてもらうところを丁寧に選びましょう。実際は医師しかフォトフェイシャルの機器の操作をしてはいけないにもかかわらず、看護婦にやらせているようなところは避けたほう無難です。施術前に十分なカウンセリングを行い、納得のいく説明をしてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。選ぶポイントとしては、しっかりと施術後のケアや、施術回数、施術費用について事前説明をしてくれるかどうかがあげられます。妊娠中の人や、濃い日焼けをしている人には、フォトフェイシャルはおすすめできません。アトピーなどの皮膚トラブルがある人も効果以上にトラブルが多いことがあり、フォトフェイシャルは避けた方がいいと言われています。