若々しい印象を維持するには弾力と潤いが必要

肌のアンチエイジングに欠かせないのが、潤いと弾力です。潤いのある肌はみずみずしく、また弾力のある肌にはハリも備わっているため、この2つをキープすることで水谷雅子さんのような若々しい印象を維持することができます。反対に、潤いがないとカサつきやシワが目立ち、弾力不足によるたるみは見た目年齢を大きく引き上げてしまいます。

肌の潤いと弾力は、若々しさを保つ上で必要不可欠ですが、この2つには相互関係があります。潤いのない肌は弾力もなく、またその逆も同じことが言えます。

肌の潤い不足は、肌表面からの保湿が不足している場合と、体内の水分が不足している場合の2パターンがあります。肌表面からの保湿が不足している場合には、毎日のお手入れでしっかりと保湿を行う必要があります。また体内の水分が不足している場合には、保湿成分を補給するのが効果的です。

体内の水分量は加齢と共に減少しますから、ある程度の年齢を超えると必ず起きる現象と言ってもいいでしょう。これを防ぐには、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を積極的に摂取するのがお勧めです。コラーゲンやヒアルロン酸は元々体内に存在していますが、加齢に伴って徐々に少なくなっていくと言われています。

また肌の弾力不足は、潤いが足りないことによっても起きますが、肌の筋力が衰えることによっても起こると考えられています。この場合は肌の筋肉を鍛えるフェイササイズなどが有効ですから、お手入れと並行して取り入れると、潤いと弾力の両方を保つことができるでしょう。

外部サイト